デリヘル嬢に好まれる客について

好かれる?嫌われる?
梅田の高級デリヘル嬢に「好まれる客」も居れば、大阪デリヘル嬢から「嫌われる客」も居るという事を皆さんはご存知でしょうか。 デリヘル嬢から好かれる客としては、お土産をデリヘル嬢に持っていく客がその代表です。 そしてデリヘル嬢から嫌われる客としては、デリヘル嬢に無理難題なプレイの強要を行う客がその代表となります。 京都のデリヘル嬢にとって「好き」、「嫌い」は実はそれ程問題では無く、デリヘル嬢がもっとも重要視しているのが「自分を指名してくれるか否か」、これだけです。 デリヘル嬢が例え嫌いなタイプの客であっても、毎週毎月何度も何度も指名してくれる客だとしたら、その客はデリヘル嬢にとっては「太い客」、つまり「太客」なのです。 デリヘル嬢はこの太客をとにかく大事に扱い、自分の元から離れていかない様にします。 具体的には、太客にだけは通常自分がオプションとしてつけてない精子ごっくんやアナルファック、または生アナルファックなどのプレイを特別にさせてあげる、などの例があります。 デリヘルの場合だと、毎月10万円以上同じデリヘル嬢を指名していれば、多くのデリヘル嬢はその10万円を自分に落としてくれるお客の事を太客だと認識します。 一度デリヘル嬢から太客だと認識されてしまえば、デリヘル嬢はいかなる時でも太客に対してだけはとにかく誠心誠意プレイに身を入れて接客する、というケースが多いです。
素敵な足
街を歩いていると女子高生の脚がたまらないですね。あんな素敵な脚で気の済むまで蹴られたり踏まれたりしたいですね。そんなことを思いつつ、デリヘルを頼んでみるのですが、なかなか希望の脚を持っている女の子に会うことができません。街で見かける子は細い脚の子もいますが、自分が呼んで来た女の子は自分の好みよりは太い子ばかりなのです。 もう脚フェチが重症すぎて、とにかくフトモモを見ていられればそれで幸せ、そう思っていた時期もありました。最近は、少しダメになってきて、やっぱり顔もいい女の子で脚も好みだったらいいなと思うようになってしまってきています。 以前あたった女の子で、顔がカワイイとキレイの中間くらいの容姿としてはかなり当たりの女の子で、少しSっ気もあるみたいで、かなりヒットした女の子がいました。顔はなかなか好みだけど、ちょっぴり脚が太めかな、もう少し細いほうが好みかなと思ってしまいました。その子は自分では、細すぎる脚より自分くらいの太さのほうがよいはず、なんて言っていましたが、あんまり同意できませんでした。 その後、いろいろ気になったまだ入ったことがない女の子に入ってみたのですが、なかなかハマってしまう女の子がいなくて、結局そのときの女の子がベストに近いことがわかりました。最近は出勤が合わないので、なかなか会うことができずにいましたが、なんとかしてまた会いたいなと思う日々です。
僕の幸せ
なんでもないような事が幸せだったなんて歌が昔ありましたけど、その作った人が離婚騒ぎになっているようで一体幸せって何なんだろうと混乱気味の僕です。幸せというのは人によって尺度の違う主観的なものですから、本人が幸せと思えばそれが幸せってことなんですかね。もう僕チンは凡人中の凡人ですから難しいことは分かりませんので、デリヘル嬢と戯れている時が一番幸せって事にしておきます。 その僕チンにとっての幸せであるデリヘルなんですけど、最近ちょっとある事情であんまり利用できていないんですよね。まぁ理由は他愛の無い事なんですけど、やっぱり当たり前のようにあったものがポッカリと無くなるってのは結構くるもんがありますね。 ああこれがもしかして冒頭で引用したなんでもないような事が幸せだったって事なんだろうかと、何となく幸せの定義ってものが分かったような気になりました。風俗での刹那の楽しみそれこそが何でもない日常であって、それが失われたことによって気が滅入っていたんですね。 もうこれはどんな理由があるにせよ、一刻も早くデリヘル嬢と遊ばないとダメですね。あの何でもない幸せを取り戻すために、僕チンは雨が降ろうが槍が降ろうが風俗に行くことをここに決意します。

関連サイト

梅田高級デリヘルで楽しむなら洗練された美人が多いこのお店が良い:貴楼館

サブコンテンツ